有名な風物詩の旅行

おすすめの旅行を紹介

神話のふるさと、宮崎県の旅行

宮崎県の高千穂町は、神さまが地上に降りた「天孫降臨」、日本神話に登場するアマテラスが隠れた「天岩戸」など、多くの伝説があり、日本最古の書「古事記」にも登場します。神秘的な風景が見られ、パワースポットとしても有名で、国内旅行におすすめです。中でも国見ヶ丘は、ミシュランガイドで一つ星を獲得した美しい絶景を楽しめます。特に、秋から冬の季節に発生する雲海は、神話の里・高千穂旅行の風物詩で、感動すること間違いないです。雲海の名所として有名で、日の出前から多くの人が訪れます。だいたい9月から11月下旬の季節が、風物詩・雲海のシーズンです。また、より神話の世界が濃いのが、天岩戸神社です。毎年冬の季節に、風物詩・夜神楽があり、11月3日には「天岩戸夜神楽三十三番大公開まつり」が行われます。旅行日程をこの日に合わせて、おまつりに参加するのもよいです。近くには、スピリチュアルパワーの強い、天安河原(あまのやすがわら)という洞窟もあり、スピリチュアル・カウンセラーの江原啓之さんのお墨付きです。高千穂は、神話の世界がおとぎ話ではなく、本当に身近にあるような神秘的で不思議な感覚になります。日本人として一度は旅行で訪れたい場所です。

↑PAGE TOP